「第六感」が優れている人ほど霊感が強い理由

当たる霊感!占いなら任せろ!霊能力者、占い師、霊媒師はココにいる!

霊感占いNo1の無料占いサイトはコチラ!

占い

「第六感」が優れている人ほど霊感が強い理由

人には「第六感」というものがあります。
これは誰にでもあって、生まれたときから持っている感覚です。

霊が見えるという話になると、必ずといっていいほど第六感というキーワードがでてきます。

「第六感=霊感」という説もあり、この2つはとても繋がりが深いようですね。

それなら、生まれつき持っている第六感で、誰にでも霊が見えるのではないでしょうか?

でも見えない人のほうが多いのはなぜでしょう。

少し調べてみたのですが、どうやら霊感の強い人は、第六感のセンサーを察知しやすい傾向があるみたいです。

普通は、日常生活で第五感まで感じることができます。

「味覚、視覚、聴覚、嗅覚、触覚」の5つですね。

けれど、今の混沌とした生活のなかで、ストレス三昧の日々を送っていると、五感すら鈍くなってしまいがちです。
自分が見たいもの、聞きたいもの、食べたいものだけに集中して、ストレス発散をしないと疲れるからでしょう。

五感が鈍いと、その先にある六感まで感じることが難しくなります。

ということは、普段からかなり敏感な人でないかぎり、霊感をもつことができないわけです。

「敏感=第六感=霊感」が、バランス良くとれていないと、霊の姿を見ることができないのかもしれません。

疲れている時に霊が見えやすくなるのは、あまりに疲弊し過ぎていることが理由だと思います。
あまりにも疲れていると、もはやストレス発散するパワーさえ残っていないからです。

普通なら好きな音楽を聴いたり、美味しいものを食べたりして、溜まったストレスを発散しますよね。
でも、そんなことすらヤル気がでなくて、もう少しで病院送りになりそうなくらい疲れてしまうこともあります。

そこで、効かなくなった五感をカバーするために、六感のセンサーが始動するのです。

では話をまとめてみましょう。

霊感が強い人は「五感は当然、六感まで余裕で感じる」場合と「疲れすぎて五感がムリ、代わりに六感が活発になる」の2つに分けることができます。

ですから、何かと敏感で疲れている人ほど、霊感が強くなりやすいといえるでしょう。

霊感の有無は、自分でコントロールできない、第六感のスイッチが入ったり切れたりすることに、ポイントがあるようです。
言葉では説明できない第六感が、どうしても立証できない霊の存在と、深く関わりがあるのはこれで納得できましたね。

QLOOKアクセス解析