ウソかホントか?霊感をもっている人を見極めるポイント

当たる霊感!占いなら任せろ!霊能力者、占い師、霊媒師はココにいる!

霊感占いNo1の無料占いサイトはコチラ!

占い

ウソかホントか?霊感をもっている人を見極めるポイント

巷にあふれる心霊体験談のなかには、本当とウソが混ざっているといいます。

どちらか判断するのはとても難しいですよね。
だって本当にいるかどうかは、まだ誰も証明できていないのですから。

心霊写真は偽造している場合もあるし、心霊スポットもたくさんありすぎて、まるで観光名所のようです。
誰でも知っているような都市伝説との境目が、曖昧になってきているような気もしますね。

専門家がいくら証明しようとしてもムリなのは、最初から霊が存在しないからではないかと考えてしまうこともあります。

でもやっぱり、どう考えてもウソだとは思えないような、体験談や写真、心霊画像などもあるわけです。
結局、いつも本当かウソか分からないからこそ、人は霊能力や霊感などに興味をそそられるのでしょう。

気になるのは「私は霊感があって霊の存在を感じる」と言い切っている人がいますよね。

そういう人の話を聞いていると「霊はいるかもしれないけれど、本当にこの人は見たのかな?」と疑問に思うことがあります。

心のどこかで霊感をもっているとウソをついているのではないかと疑ってしまうのです。
誰にも分からないのをいいことに、目立ちたいから「ニセ霊能者」を名乗っているのでは?と意地悪な気持ちになることも。

では霊感を本当にもっているのかどうか、見極めるにはどうすればよいのでしょう。

霊感があるという人の話が本当かウソか、それを判断する決定的な違いがひとつだけあります。

何なのかというと「霊体を尊重しているかどうか」なのです。

尊重?と不思議に思うかもしれませんが、本当に霊感がある人というのは、霊の恐ろしさをよく理解しているのです。
他人にペラペラと喋る人ほど、それがどれだけ危ないことか理解していないのですね。

軽い気持ちで肝試しに出かけて、予想以上に怖い体験をしてしまった人の多くは、もう2度と同じことをしないものです。

それと同じで、本当に霊感をもっていて、頻繁に霊の存在を感じている人ほど、多くは語らないということです。
なぜならいつも感じているので、特別なことだとは思っていないからです。

こちらが見えているなら、霊からも見られていることを、よく分かっているのだと思います。

ですから、冗談半分で霊感をもっているなどと言っていると、恐怖体験として、霊から警告を受けることになるのです。

生きている人と同じように尊重することを忘れていないのが、本当に霊感を持っている人の特徴だと思いますよ。

何も聞いていないのに「霊を見た」「心霊体験をした」と何度も話をしている人を見かけたら、それは霊感があるとはいえないでしょう。

あまり言いたくないと口を閉ざしている人のほうが、もしかしたら本当に霊感をもっているのかもしれませんね。

QLOOKアクセス解析