サインを見逃さないで!子供と動物は霊感をもっている

当たる霊感!占いなら任せろ!霊能力者、占い師、霊媒師はココにいる!

霊感占いNo1の無料占いサイトはコチラ!

占い

サインを見逃さないで!子供と動物は霊感をもっている

子供の頃「霊感がある」と言って、みんなから注目され、いきなり人気者になる子がいませんでしたか?
でもそれを妬んで「霊なんていない!」と反対する子もでてきたり・・・。

学校の怪談が絶えないのは、そういう子供のイタズラ心があるからかもしれませんね。

でも本当に霊感をもっている子は、遠くから「危ないなあ・・・」と思いながら、眺めていたのだと思います。
人の気を惹くために「霊感」を乱用することが、とても危険だと分かっているからでしょう。

霊感というのは、誰もが生まれ持っている第六感と強い繋がりがあります。
第六感が優れている人ほど、霊感が強い傾向があるのです。

霊感と切っても切れない関わりがある第六感。
大人になるにつれて、その感覚は心の奥底に眠ってしまうといいます。

敏感に反応するのは、年齢に「つ」がつくまでです。
つまり、1歳〜9歳までの間ですね。

10代になると、物事を純粋にとらえることが少なくなり、周囲の人の顔色を伺うようになります。
成人したら、もっと現実的なことを抱えていくので、第六感は薄れていくらしいですよ。

よく「子供は良い人か、悪い人かをすぐに見分ける」といいますよね。
大人がウソをついていたら、第六感が働いて、疑いをもつことができるのでしょう。

ですから10歳までの子供は、大人よりも霊感を持ちやすく、実際に見てしまうことが多いという説があります。

もしも子供がそんな話をしたら、あながちウソとはいえないかもしれませんね。

寂しいから気を惹こうとしているとか、妄想癖があると心配するのも仕方ないですが、実は本当に見えている可能性もあります。
万が一、あまり良くない悪さをする霊だとしたら、憑依することもあるので気をつけてください。

同じ場所で、何度も気分が悪いと言い始めたり、声が聞こえるとか、金縛りがひどいというのなら、お祓いをしたほうが良いですね。

子供に憑りつやすいのは、子供の霊である可能性が高いという話もあります。
寂しいから一緒に遊びたいと感じて、そのまま離れないこともあるらしいですよ。

度々、体調が悪くなったり、内にこもる性格に変化していくのは怖いですからね。
そこは大人がケアしてあげるように心がける責任があると思います。

ちなみに、第六感に敏感で、危険を察知しやすいのが動物です。
ペットを飼っている人は、様子がおかしくなったときに、病気が原因とは限りません。

人間には分からないような、何か異様な気配を感じとっていることもありますね。
言葉にできないぶん、通じ合うのが難しいですが、特定の人にだけ吠えたり、咬みついたりする場合は、その人に良くない霊が憑いているのかもしれません。

純粋な心をもった子供と、本能が働く動物。
霊感を持っている可能性が高いのは確実といえるでしょう。

QLOOKアクセス解析