霊感体質の人のメリットとデメリットについて

当たる霊感!占いなら任せろ!霊能力者、占い師、霊媒師はココにいる!

霊感占いNo1の無料占いサイトはコチラ!

占い

霊感体質の人のメリットとデメリットについて

家系や遺伝によって「霊感体質」があるという話をよく聞きます。

祖父母や両親からずっと受け継いできた、不思議な力が霊感だという人も大勢いますね。
幼い頃からよく霊を見ていて、怖くて何も言えないとき、周囲の大人たちがフォローしてあげることも少なくないとか。

生まれつき第六感をもっているのは普通ですが、遺伝となれば、もっと強い能力を発揮することがあります。
まだ純粋で心がまっさらな時期には、霊が寄ってきやすいともいいますしね。

大人になるにつれて、霊感体質が治まってくる人もいるし、逆に強くなっていくこともあります。
強い霊感をもつと、それだけ他人と関わることが苦しくなってくるのでしょうね。

他人の本質や、背負っている業の深さなどが分かってしまうので、社交的な生活は不向きなのかもしれません。

ツラくて怖い体験を何度も繰り返して、誰かに打ち明けたいと思っても、リアルすぎて気持ち悪がられるので相談できない。
そういって殻に閉じこもってしまうこともあるそうです。

さらに、神社仏閣に出かけることで、心身の浄化をする習慣もつけておく必要があります。
宗教的なことから、身を離すことができないのは、霊感体質の人たちにとって、苦痛に思うことがあるような気がします。

このように、霊を頻繁に目にするような、霊感体質のデメリットは、社会に馴染めなくなる可能性があるところですね。

でも逆に、霊能者としての力を活かして、憑りつかれてしまった人の「除霊」をするなど、世の中に貢献することもできますよね。

同じように霊感体質をもっている人の相談にのってあげることができると思います。
力を持て余しているより、他人を助けるという方向で考えていくと、道が開けるのではないでしょうか。

霊能力をフル活用して占い師になるとか、霊感に憧れをもつオカルトマニアと交流をもつのも、ひとつの救いになっていくと思います。

メリットがあるとすれば、そうやって他人を救うことができるのと、守護霊からのメッセージが聞き取りやすくなることですね。
特殊な力を使えば、それだけ他人から疑われたり、良くない霊との接触をして、心身ともに疲れやすくなります。

身を削って生きていると、守護霊から「気をつけなさない」という何らかのサインがでるようです。
普通の人でも、心霊写真かと思いきや、霊能者に「あなたの守護霊が心配しています」と説明されていることもあります。

トラブルや事故から身を守るために、守護霊は必ず本人に何らかの形で伝えるのです。
「虫の知らせ」というのがそれでしょうね。

霊感を持っている人でも、その力を活かして生きられるかどうかは、本人次第なのだと思います。
デメリットだけを感じてツラさを噛みしめるのか、メリットに目を向けて他人を救いながら生きていけるのか。

大きな決断ですが、それが霊感体質の人の宿命なのかもしれません。
QLOOKアクセス解析